« PCのハードディスクを分割・リサイズしませう | トップページ | サッカー トーゴ戦、大勝したけども »

2009年10月14日 (水)

国交相発言の、羽田空港のハブ化最優先

大臣の癖?の突然に発表してしまう件(くだり)は、今回は考えない事にして…

「羽田空港を国内・国際ハブ空港として、優先的に投資する」旨の発言を受けて、自分なりに、色々と調査・ニュース素材をお勉強

現時点でのアジアのハブ空港は、韓国の仁川(インチョン)空港であることが、改めて、明確に認識できた。ここまで来てるか…と驚いた。

2001年に埋立て地に3本の滑走路を備えて開港した「仁川」は、日本の地方空港への乗り入れ路線が27ケ所!!(成田は8ケ所)

確かに日本の地方空港から、欧米などを中心とした国際線への「ハブ」空港となっている。成田は「国際線」空港だから無理ないか?!

羽田=国内・成田=国際、といった時代遅れの棲み分けをしていては、ますます、「仁川」の独り勝ち(既に貨物取扱い量も成田超え)

そこで、海上に第四滑走路が完成する羽田空港を、国内だけでなく、国際便も発着する、ハブ空港へ変化させる点が、今回の主旨。

ただ、成田空港への国際線の乗り入れについては、40もの航空会社が希望を出しているそうで、ニーズは高い(滑走路2本ではねぇ)

落とし所としては、羽田空港をハブ空港と位置付け、国内・国際線を発着させ、アジアのハブ空港としての地位を確固たる物とする。

それでも、国際便は飽和状態なので、羽田のみで発着枠を充足出来るわけもなく、その意味で、継続的に成田も国際空港として必須。

羽田・成田の両空港の意味合いを、国際的な見地から、以上のような所謂、Win-Winの関係にすることが、最善の策と考えられる。

勿論、アジアのハブ空港が、羽田だけで賄えるはずもなく、関西空港も、その一翼を担うことになるのは、必然ではないか。橋本さん・・

ただ、この場合は、開港を控えた(ムダな)茨城空港が浮いた存在になってしまいそうで、とっても心配している。

非常に危険な存在だねぇ。ト・ホ・ホのホ…

|

« PCのハードディスクを分割・リサイズしませう | トップページ | サッカー トーゴ戦、大勝したけども »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国交相発言の、羽田空港のハブ化最優先:

« PCのハードディスクを分割・リサイズしませう | トップページ | サッカー トーゴ戦、大勝したけども »