« コメント頂戴しましたけれど(悲哀) | トップページ | ThinkPad X200s Windows7 UPG Disk 到着 »

2009年11月 1日 (日)

録音した音源をノイズ除去(自己流)する

DAP(デジタルオーディオプレーヤ)が広く使われたり、ネットラジオというネット上で音楽などを配信するサイトで録音した音源。
上手く行けば、クリアーな音が得られますが、大概は、ノイズが乗っかって聞き取り難い音源になってしまうことが多いと思います。

そんな時には、便利なFreeソフトで、ノイズ除去をしてしまいましょう。細かい設定は好き好きなので、簡便で一通りの手順をご教授。

主たるものは、Andacity のようです。MP3音源を加工して、MP3ファイルに書き出す事が出来ます。高機能過ぎて説明出来ず…

手頃なものを見つけて、実際に使い勝手良く利用させてもらってますので、そちらを紹介します。SoundEngine MP3ファイルは不可ですが、Waveファイルにデコードしたもので処理を実行し、書き出したファイルを、MP3にエンコードし直せばOKです。手順は以下の通り。

前もって、上記リンク(ソフトウェアDLサイト窓の杜)からDL(ダウンロード)して、インストールをして下さい。

1)MP3ファイル音源をWaveファイルにデコードする。零'sエンコーダ午後のこーだ などを利用すると簡単です。お好きなものを…

2)SoundEngineで、転換させたWaveファイルを読み込ませます(ドラッグ&ドロップでも可)。音源が波形で表示されます。

2.5)ノイズ除去範囲を選択しますが、簡便には、編集⇒全て選択 で、音声ファイル全体に適用します。<20100108加筆>

3)メニュー⇒音質⇒ノイズサプレッサー(雑音帯域低減)を選択し、ライブラリから適宜選択します(軽めに全帯域ノイズ低減等)。

4)メニュー⇒音量⇒ノイズゲートを選択し、ライブラリから適宜選択します(軽くノイズゲート等)。詳細は 作者サイト など参照を…

5)3.4のタスク(タスクバーで進捗状況が表示されます)が終了したら、ファイルを保存します(この時点ではWaveファイル)。

6)1でデコード使用したソフトで、MP3ファイルにエンコードします。3.4のライブラリで何を選択したかでノイズ程度が変化します。

以上で、音源のノイズ除去の簡便な手順は終了です。時間があれば、細かいメニューで設定を変えてみるのも楽しいですが、時間の無い方は、上記手順で、耳障りなノイズは我慢出来るレベルに減ってくれると思います。程度の好みは人それぞれですから、Let'sTry!

|

« コメント頂戴しましたけれど(悲哀) | トップページ | ThinkPad X200s Windows7 UPG Disk 到着 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 録音した音源をノイズ除去(自己流)する:

« コメント頂戴しましたけれど(悲哀) | トップページ | ThinkPad X200s Windows7 UPG Disk 到着 »