« WZR-HP-G300NH 新ファームv1.72更新 | トップページ | K5-64 v1916 アップデート後の経過状況 »

2010年2月10日 (水)

JAL アメリカン航空との提携継続へ

会社更生法下で経営再建中の日航は、米デルタ航空(スカイチーム)との提携交渉を打ち切り、既存のアメリカン航空(ワンワールド)との提携を継続していく方針を発表しました。中期的な戦略よりも、短期的な「実利」に重きを置いた経営判断だと思われます。

現在、日航が属する「ワンワールド」での再建は、既存の資源を活用出来るので、新たな航空連合への移籍で生じる、新たなシステム構築・物理的な資源投入・マイレージ引継といった、混乱を生じかねない問題を回避するための、短期的経営判断の思惑が見て取れます。

一方で、「ワンワールド」から、デルタ航空の属する航空連合「スカイチーム」への移籍では、北米を中心とした太平洋路線の便数がシェア6割を超え、オープンスカイ協定の影響で、運行審査に時間を要すると考えられ、中期的に収益源となる路線の獲得を回避する判断。

要は、現有資源の活用での再建を選択し、(将来有望な)太平洋路線を充実させる変化は望まないとの判断をした事になるでしょう。

|

« WZR-HP-G300NH 新ファームv1.72更新 | トップページ | K5-64 v1916 アップデート後の経過状況 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL アメリカン航空との提携継続へ:

« WZR-HP-G300NH 新ファームv1.72更新 | トップページ | K5-64 v1916 アップデート後の経過状況 »