« 五輪 ジャンプラージヒル アマン圧巻勝利 | トップページ | 五輪 ジャンプ男子団体 健闘するも… »

2010年2月22日 (月)

X200sに「Diskeeper 2010 Pro」を導入

ThinkPad X200s購入後、HDD⇒intel X25-M⇒K5-64 と換装し、動作も安定したので相栄電器の[Diskeeper 2010 Pro]導入検討。

そして、SSD最適化の[HyperFast]が同梱搭載されたこともあり、[Diskeeper 2010 Pro with HyperFast]を先週に導入しました。

Diskeeper 2010 は、バックグラウンドでリアルタイムに断片化を解消するソフトで、導入後は操作を意識せずに作業を実行。HyperFast テクノロジは、SSDを最適化し、パフォーマンスの向上と寿命の延長を実現…。導入後はHDDアクセスランプが常時明滅してます。

注意点は、リアルタイムで断片化補正するため、Disk Utility系ソフト(パーティション操作・コピーツール)と共存出来ない事。例えば、コピーツールを使ってコピーDiskを作成しても、Windowsファイルを正常にコピー出来ず、作成したDiskは起動不可になります。

コピー作成や、パーティション操作(イーザス・パーティション・マスタ等)するには、一旦 Diskeeperを停止or削除する必要があります。

|

« 五輪 ジャンプラージヒル アマン圧巻勝利 | トップページ | 五輪 ジャンプ男子団体 健闘するも… »

ThinkPad X200s(TrueMobile)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X200sに「Diskeeper 2010 Pro」を導入:

« 五輪 ジャンプラージヒル アマン圧巻勝利 | トップページ | 五輪 ジャンプ男子団体 健闘するも… »