« 携帯電話チャージャー「AMC-560」入手 | トップページ | X200sでUSBラジオチューナを使ってみる »

2010年3月 6日 (土)

ThinkPad X201i ってナ~ニ?

5日配信の「ThinkVantage Clubニュース」に下記のような紹介…
・ThinkPad X201  ~パワフルなCPUを搭載したモバイルの定番
・ThinkPad X201i ~コストパフォーマンスに優れたモバイル
・ThinkPad X201s ~省電力性にすぐれ、長時間利用も可能
・ThinkPad X201 Tablet  ~マルチタッチ液晶にも対応TabletPC
X201i って初耳だけど、ナニ?(紹介文は部分的に省略)

早速、LenovoのWebサイトで「X201i」を確認してみました。
Core i3-330M(2.13GHz,3MB L3,1066MHz)
Core i5-430M(2.26GHz,3MB L3,1066MHz)
 ⇒ターボブースト利用時の最大周波数2.53GHz

CPUの選択項目に但し書きが赤字で記載してありました。【このプロセッサーを選択した場合、製品に刻印される製品名称は ThinkPad X201i となります。プロセッサー以外の仕様は、ThinkPad X201と変更はありません。】低スペックCPUでお安く提供するってことみたい

ちなみに、「X201」で選択できるCPUは下記の通り
Core i5-520M/540M/620M
 (それぞれ、2.40GHz/2.53GHz/2.66GHz 3MB L3,1066MHz)
Core i7-620M(2.66GHz,3MB L3,1066MHz)

それでもって、「X201s」で選択できるCPUは下記の通り
Core i7-620LM/640LM(2GHz/2.13GHz 4MB L3,1066MHz)
 ⇒ターボブースト利用時の最大周波数2.80GHz/2.93GHz

◎追記・X200s⇒X201sでの使い勝手の変更点)
X201/X201sは、従来のTrackPointのみに加えて、ウルトラナビ(TrackPoint+タッチパッド)を搭載したモデルも選択出来ますね。

|

« 携帯電話チャージャー「AMC-560」入手 | トップページ | X200sでUSBラジオチューナを使ってみる »

ThinkPad X200s(TrueMobile)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X201i ってナ~ニ?:

« 携帯電話チャージャー「AMC-560」入手 | トップページ | X200sでUSBラジオチューナを使ってみる »