« Radika修正版Ver0.23公開されました | トップページ | モルさまも暑いのです… »

2010年5月 6日 (木)

ソーダ税って、有り?無し?

一日の終りはテレ東のWBS(ワールド・ビジネス・サテライト)を見ないと、何かしっくり来ない今日この頃…で、5日のミニ特集の題材…

地方が独自に課税を定める「地方税(総務省リンク)」のユニークな物を紹介していました。その中でも、5月1日から米コロラド州で施行され、ニューヨーク州など全米各地で導入が議論されている「ソーダ税」。砂糖を含む飲料水に課税するという面白い(?)観点の課税。

折からの財政難に、肥満による医療費高騰分を賄おうと画策しています。ニューヨークのブルームバーグ市長曰く「1缶に12セント課税すれば、約10億ドルの歳入増」と州知事を後押ししているそうです。先進諸国ではたばこ税を3~600円程度課税(日本-約180円)です。

たばこは、本人にも害、副流煙で周囲にも害、もっと上げるべきでは…ならば、この日本でソーダ税って、正直どう思いますか!?

|

« Radika修正版Ver0.23公開されました | トップページ | モルさまも暑いのです… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーダ税って、有り?無し?:

« Radika修正版Ver0.23公開されました | トップページ | モルさまも暑いのです… »