« 山善デスクファン 結構よくない↑? | トップページ | 係長 青島俊作@TOHO日劇 行ってきます »

2010年8月 4日 (水)

お粗末?行政の高齢者実態把握

7月末に東京都で、戸籍上111歳と、都内男性最高齢とされていた男性と見られる遺体が確認され(30年以上前に死亡?)、改めて、浮き彫りになった、都内最高齢の113歳(戸籍上)の女性が、住民登録地の杉並区に住んでおらず、長女も20年以上会っていないという話題。

その後、同居とみられた次男とも連絡不通、次女も50年以上家族と連絡を交わしていないという事態が明らかになり、行政が慌てて…

都内最高齢113歳女性不明 長女「所在知らぬ」杉並
「都内最高齢」113歳どこに 「同居」次男も所在不明
100歳超す高齢者、新たに3人所在不明 東京
110歳以上の年金受給者、対面調査へ 厚労省
「お年寄りの所在、確認せよ」東京各区、四苦八苦
 記事はいずれも[asahi.com]のリンクを貼っています。

住基台帳が整備された時点で確認出来なかったのか、100歳など区切りのお祝いを直接手渡ししていないのもそもそも行政の怠慢では

|

« 山善デスクファン 結構よくない↑? | トップページ | 係長 青島俊作@TOHO日劇 行ってきます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お粗末?行政の高齢者実態把握:

« 山善デスクファン 結構よくない↑? | トップページ | 係長 青島俊作@TOHO日劇 行ってきます »