« なでしこJAPAN 頂点に輝く その他雑感 | トップページ | またまた米粉蒸しパン@ローソン »

2010年11月24日 (水)

ラグビー早慶戦 慶応に点差以上の完敗

ラグビー関東大学対抗戦(星取表)、23日の早慶戦は、8-10、慶応が00年以来10年振り勝利、対戦成績20勝61敗6分、優勝争い混迷

早稲田は、前半のほとんどを慶応陣内で攻め続けたが、1PG(1PG失敗)の3点のみ、慶応に1PGを返されて、3-3で前半終了(雲行き悪し)

後半早々に、早稲田のビッグチャンスで初トライか!と思ったが、スロウフォワード(自分より前にパスを投げる)で無効となった。その直後に慶応が早稲田ゴール左隅にトライで5点、難しい角度のゴールも決めて2点、慶応はターンオーバーを数多く重ねて効率的に攻めていた

早稲田も18分に慶応ゴール前で相手が弾いたボールを拾い、慶応ゴール左隅にトライで5点、しかし、ゴールを決められず、2点差のまま時間が経過。29分には慶応陣内でPGの機会を得るものの決め切れずに逆転(3点)の場面を逸し、終了間際も押し込むが守り切られた

慶応は、本来は早稲田の持ち味である、早い球出しからの展開ラグビーを実践し、また、早稲田の攻撃をきっちり守り、ターンオーバー(攻撃のボールを奪い攻守を切り替える)を何度も決めて、早稲田の攻撃の芽を摘み取った。点差は2点だが内容は慶応の圧勝だった

明治・6戦全勝、早慶・5勝1敗で並び、最終節の慶応vs帝京(12/4)・早稲田vs明治(12/5)の結果次第。早稲田はキックの精度向上をっ!

 別記 アジア大会サッカー男子準決勝)
広州アジア大会の男子サッカー(U-21)[トーナメント表]は、現地23日に準決勝2試合が開催され、日本がイランを 2-1 と逆転で破り、韓国との延長戦を 0-1 で制したUAEと、決勝(25日)で対戦することになった。いずれもアジア大会での初優勝を狙う熱い闘いになりそう

|

« なでしこJAPAN 頂点に輝く その他雑感 | トップページ | またまた米粉蒸しパン@ローソン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー早慶戦 慶応に点差以上の完敗:

« なでしこJAPAN 頂点に輝く その他雑感 | トップページ | またまた米粉蒸しパン@ローソン »