« ソニー"Reader"電子書籍販売サイトOPEN | トップページ | 10日 Bフレッツ回線工事の影響で… »

2010年12月12日 (日)

映画 ノルウェーの森 公開ですね

11日(土)に映画【ノルウェーの森】が公開(Official)。村上春樹氏の代表作、世界各国で翻訳され多国語出版と、ワールドワイドな原作

当然ですが、私は読んでません(オイオイ)。長編小説は苦手なので読み出せません。勿論、著者近著の1Q84(新潮社特設site)も然り

それでも話題に取り上げるには二つの理由があります。早稲田大学が絡んでいる点、そして、ビートルズ♪ノルウェーの森@YouTube

本来、ビートルズ ノルウェーの森 のPV映像は無く、YouTubeリンクを貼るのはためらわれたけれど、まぁ、許せるリンクを探していた時
今は亡き、George Harrison の While My Guitar Gently Weeps (Live@Madison Square Garden)@YouTube の映像が見られてOK

で、早稲田大学が絡んでいるというのは、原作者の村上春樹氏がOB(一文演劇科卒)、プロデューサの小川真司氏がOB(法卒)、小説の舞台(東京の私立大学)が早稲田大学である(らしい…著者は否定しているのだが)ため、早稲田キャンパスでロケが行われたなどの点

Norwegianwood_1 写真は、大学校友会[早稲田学報]の紙面。11月23日(祝)に校友会設立125周年記念行事で、大隈講堂で日本初かつ唯一の完成披露試写会ジャパンプレミアムが開催との情報(EMIリンク)
 Norwegianwood_2  Norwegianwood_3

さらには、ロケ風景の写真(学報P73)や小川氏の映画化準備に際してのコメント(学報P74)もご覧下さい。ビートルズ楽曲の原盤使用許可が下りるのは非常に珍しく(難しく)、また、著者の映画化への許諾も4年かかったと、別の欄に記載されてます。と朝日新聞10日夕刊
 Norwegianwood_4  Norwegianwood_5  Norwegianwood_6

ただ、著者は特別ビートルズのファンという訳でも無く、また、著作のタイトルについても、本人は気に入っていなかったとの"逸話"もある

追記 記事:なぜ村上春樹は映画化を認めた @日経TrendyNET

 ◆オマケ)
楽曲 ノルウェーの森[Norwegian Wood(This Bird Has Flown)]については、ご存じの方も多いと思いますが、邦題(歌詞の訳詩)を付ける時点で訳に間違えたが、そのまま周知の名曲として流布しているもので、本来は、"ノルウェー製の家具"or"ノルウェー木材の部屋"

つまり"Wood"は、"The Wood"や"Woods"なら で良いけれど、 "Norwegian Wood"となる時は、"家具"か"木材"とするのが正しい

|

« ソニー"Reader"電子書籍販売サイトOPEN | トップページ | 10日 Bフレッツ回線工事の影響で… »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ノルウェーの森 公開ですね:

« ソニー"Reader"電子書籍販売サイトOPEN | トップページ | 10日 Bフレッツ回線工事の影響で… »