« 北京市民は自動車も自由に買えない? | トップページ | ビートルズ MONO BOXがやってきた ヤァx3 »

2011年1月28日 (金)

NECとレノボ PC事業で合弁会社設立へ

27日 最もインパクトのあるニュースソース(デジ野郎)は、NEC(日本)とレノボ(中国)の NEC レノボ・ジャパングループ設立(6月目途)だろうか

同グループは、両社出資(出資比率:レノボ51%・NEC 49%)による合弁会社【Lenovo NEC Holdings B.V.】(登記上の本社はオランダ、本社機能は東京)を持ち株会社とし、その傘下にNECパーソナルコンピュータ、レノボ・ジャパンが100%子会社へ(レノボに主導権が)

NECは、2位富士通が迫る日本でのTopの座を確実にし、世界市場も視野に。レノボは、日本市場に注力し、世界でもシェア向上を狙う

詳細は、下記のリンク(新聞2紙・PC関連ポータルサイト2社・報道発表)を参照いただければ明らかだが、世界市場でHP・Acer・DELLの後塵を拝するレノボの追撃態勢と、世界3位のPC市場である日本での圧倒的首位の確保に、両社の思惑が合致したものだと考えられる

無論、スケールメリットで部品調達コストの削減、NECの製品開発&顧客サポート力、レノボの技術&グローバル展開力にも相乗効果か

NEC レノボ本体に出資 パソコン合弁発表@日経
NEC・レノボが提携を正式発表 PC事業で合弁会社@asahi.com
日本国内におけるPC事業の合弁会社を設立@impress
2大PCメーカーがひとつに! NECとLenovoが合弁@ASCII.jp
プレスリリース@NEC 同@レノボ 事業戦略資料PDF@NEC

ユーザー目線で考えると、NECは日本で幅広い年齢層を顧客に持ち(年配にも強い)、サポート体制は盤石だが、富士通の追い上げも激しい(個人的にはFMVは壊れやすく嫌い)。一方で、レノボは、ThinkPadブランド(神奈川県大和⇒横浜市へ開発拠点移転)の知名度が高い

しかしながら、顧客サポート・直販窓口のレベルとしては決して褒められたものでない。技術陣は一流、窓口対応は三流 も過言でない

ThinkPad 知名度は高いが、Lenovoブランドは日本で苦戦している。ブレイクスルーにはNECの名前がモノを言う。製品開発で、モバイル部門なら、Panasonic レッツノート・東芝 Dynabookが一歩リードしている状況で、ThinkPadの伊吹がNECに吹き込まれると期待をする

|

« 北京市民は自動車も自由に買えない? | トップページ | ビートルズ MONO BOXがやってきた ヤァx3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NECとレノボ PC事業で合弁会社設立へ:

« 北京市民は自動車も自由に買えない? | トップページ | ビートルズ MONO BOXがやってきた ヤァx3 »