« ウーマノミクス ノルウェー政策に衝撃 | トップページ | アジアカップ vsシリア どうなる »

2011年1月13日 (木)

ユーロ圏債購入 大丈夫なの?

野田財務相は11日"財政危機のアイルランドを支援する資金を調達するためにユーロ圏の各国が共同発行する債券を購入する"と表明

報道では、1月下旬に発行される総額30~50億ユーロ(3.2千億~5.4千億円)の内の2割強を購入する見通しだと伝えている(asahi.com)。一時期、1ユーロ130~40円あった為替相場も、この所、110円を割るユーロ安傾向。アイルランドの他、ギリシャ・ポルトガルが未だ不安定

ユーロ圏全体は、危険性(リスク)が低いものの、そもそもアイルランドが金融危機に陥ったのは、高金利で資金を集めまくった事へのツケ

日本同様に資源に乏しいアイルランドは、(国を挙げ)金融立国として、銀行が高金利の金融商品を取り扱い、外資を獲得するビジネスモデルを推進し、急成長が一時期注目されていたが、多分に漏れず、リーマンショックを機に金融危機に陥って、一気に不安視された

政府が銀行を実質国有化する手法で、昨年末に4行目(2年で)へ資本注入(Bloomberg)。債権購入は日本政府が発言力を増すため?

|

« ウーマノミクス ノルウェー政策に衝撃 | トップページ | アジアカップ vsシリア どうなる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏債購入 大丈夫なの?:

« ウーマノミクス ノルウェー政策に衝撃 | トップページ | アジアカップ vsシリア どうなる »