« 南米選手権辞退 時間をかけて考えてみた | トップページ | 深いねぇ テレ東 FOOT × BRAIN … »

2011年5月21日 (土)

ワースト脱出大作戦 意識付けが大事だなぁ

20日 NHK総合 19時半~20時45分(再放送 21日10時05分~)放送された、欽ちゃんのワースト脱出大作戦 季節番組だが毎回楽しみ

多様な都道府県ランキング(婚姻率・汚い川・糖尿病死亡率など) "ワースト"項目に注目しながら、番組と地域連動での活動を通じ "ワースト脱出"を目指そうという、非常にシンプルな内容であって かつ 地域の取組みやマナーなどが問われる 意義深いテーマ番組

婚姻率ワースト 秋田県(JA秋田ふるさと)は頑張ってもらうとして、自身は"日本で一番汚い川"・"交通事故死亡者数"の2点に注目

日本で一番汚い川(環境省発表)で取り上げられたのは 奈良県の菩提川、3年前 番組開始時(平成19年度)ランクでの ワーストは千葉県 春木川(菩提川は3位)、俳優 櫻井貴史が請負人となり、住民を巻き込んで生活雑排水・河川の清掃に取組み 見事脱出に成功

水環境総合情報サイト>全国の水環境状況>河川 水質上下位5件
環境省>環境統計・調査結果>環境総合データベース(ワード検索)

この番組と地域住民の取組みで 春木川(千葉)がワーストを脱出すれば、順位が繰り上がるのは当然のコト。今では 菩提川(奈良)がワースト脱出に向け奮闘中。元々 河川には自浄作用があり、流域清掃で水の流れを作り 生活雑排水を減らせば 清流も夢ではない

一朝一夕とはいかないが、2~3年取り組めば、水質改善は可能。ワーストを次々繰り上げて行けば 日本の河川全体が綺麗になる

もう一つ、交通事故死亡者数(警察庁発表)では5年連続ワーストの愛知県、首都高で展開されている東京スマートドライバーの取組みを、タレント 加藤沙耶香(愛知・一宮出身)が請負人となり、愛知スマートドライバーも立ち上げられて、地道な取組みが展開された

警察庁>統計>安全・快適な交通確保に関する統計>交通事故統計
平成21年交通事故者数(PDF)・平成22年交通事故者数(政府統計)

上記統計(平成22年)3頁に県別と上下位5件(件数・増減)を見ることが出来るが、見事 愛知は前年ワースト(227人)から6位(197人)に、前年比で減少した27都道府県ではベスト1(-30人)と、如実に成果が数字で表れた。有名な"名古屋走り"の荒い愛知で評価に値する

スマートドライバーズデイの実施日も、順調に前年比で事故件数・死者数を減らしているので、継続しつつ 全国に広げてもらいたい

最後に(番組の最後に出た)骨髄移植ドナー登録については、次回放送を見守りたい。(能動的に)ネット上をググれば30分程度で情報収集出来るが、敢えて受動的 一市民という立場で、骨髄ドナーの登録(手段・要件)、ドナーのデメリット(処置・拘束)を勉強するつもり

|

« 南米選手権辞退 時間をかけて考えてみた | トップページ | 深いねぇ テレ東 FOOT × BRAIN … »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワースト脱出大作戦 意識付けが大事だなぁ:

« 南米選手権辞退 時間をかけて考えてみた | トップページ | 深いねぇ テレ東 FOOT × BRAIN … »