« なでしこ関連 記事(海外評価も)おまとめ | トップページ | パナ 無接点充電チャージパッドお披露目 »

2011年7月21日 (木)

東北復興にまつわるエトセトラ

自衛隊に撤収要請…岩手県知事 26日にも@yomiuri
岩手・陸前高田の自衛隊が(20日)撤退…園児らが花束@同

陸前高田市には、青森県に駐屯地を置く第5普通科連隊を中心に延べ5万人以上の自衛隊員が入り、入浴支援やがれき撤去に従事、20日をもって支援活動を撤収。岩手県・達増知事は、県内で災害支援活動を行っている自衛隊に対し撤収要請する考えを表明

東日本大震災で大きな被害を受けた東北3県での撤収要請は初めてだが、これを契機に復興の動きは新たな局面に移行する見込み

トヨタ企業内訓練校 宮城に開設 岩手では小型HV生産@asahi
トヨタ 燃費40キロ超す小型ハイブリッド 岩手で生産@nikkei

トヨタ自動車は19日"東北の復興支援策"を正式発表。宮城県に企業内訓練校を'13年度に開設、同県で新たなエンジン工場も早期に稼働させ、岩手県でも新しい小型ハイブリッド車(HV)を生産する方針で '12年始めには販売予定、ものづくりを通じ復興を後押しする

豊田社長は "東北を中部・九州に次ぐ第3の拠点に位置づける。ものづくりを通じて東北の未来をつくりたい"と、19日の会見で述べた

訓練校は豊田市(愛知)に次ぐ国内2カ所目、エンジン工場は国内5カ所目で東北では初となる。生産拠点については、創業の地・豊田を中心とした中部、レクサス・ハリヤー・HVエンジンなどの高級車・高技術品の生産を請け負う"トヨタ自動車九州"(会社概要)がある

新たな生産拠点構築により災害などのリスク分散を目論むと共に 支援しながら復興の勢いにより生産・販売を加速させる狙いも…

企業は"CSR(corporate social responsibility)"社会的責任が求められ、利益追求・株主尊重の経済的活動以外に、製品やサービスを提供したり雇用を創出する、法人税納付など金銭的に地域貢献する、メセナ活動を通じて文化・芸術を提供する活動などが不可欠

その観点からも、トヨタ自動車の発表は、リスク分散CSRの取組みを中長期的に果たす事業で、企業・自治体 Win-Win関係となる

 別記 自衛隊員(予備自衛官)の活動を報じてネ…
民放でとは言いません。NHKスペシャル等で、自衛隊員(組織)・予備自衛官の、東日本大震災での活動について現実を報道して下さいまし。テントで寝起き、レトルト中心の食事にも関わらず、不眠不休の活動をされた事実を、国民は(自衛隊賛美でなく)知るべき

|

« なでしこ関連 記事(海外評価も)おまとめ | トップページ | パナ 無接点充電チャージパッドお披露目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北復興にまつわるエトセトラ:

« なでしこ関連 記事(海外評価も)おまとめ | トップページ | パナ 無接点充電チャージパッドお披露目 »