スポーツ

2012年5月 7日 (月)

やり投げ 早稲田・ディーンが元気だね

6日開催の陸上のSEIKO"ゴールデングランプリ"川崎、強風や時折雨の降る悪条件で、トラック競技は軒並み平凡なタイムとなる中・・・

前週の織田記念陸上で、ファーカー(86.31m)に次ぐ2位となった、早大3年のディーン元気選手は、日本歴代2位の84.28mで大会でも2位と大健闘、第一人者村上選手('09世界陸上銅メダル)が足の怪我で不調(織田陸上5位)のためもあり、ロンドン五輪が視野に入ってきた

同日は向かい風を物ともせず、1投目で81.43m、その他79m台を3投揃え前週がまぐれでない事を証明、国際大会初優勝を果たしました

 参考)
ディーン向かい風に負けずV@日刊スポーツ.com

元々、投てき種目(砲丸・円盤)経験者ではあるものの、やり投げに的を絞ったのは早大進学後というから、成長の速さ・センスは抜群だネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

ラグビー大学選手権 帝京3連覇達成

Rugby_2011_12_final8日に決勝開催の[トーナメント表]の 第48回
全国大学ラグビーフットボール選手権大会
  10年12月18日(日)~11年1月8日(日)開催
帝京vs天理は 15-12 帝京優勝 3連覇 達成

帝京の強固FW陣に対し、天理の回す試合展開が思いの外 面白い決勝となった。残念なのは観客が14407人ともったいない数だろう

帝京は終始7割程度の支配率で試合をコントロールしたが、先制したのは天理の泥臭い16分トライ(G)だった。帝京もすぐさま21分トライ(Gx)を返し、立て続けに泥臭く32分トライ(G)で12-7の1トライ差で折り返す。惜しむらくは天理 40分PG失敗だが、結果論では仕方ない

後半も帝京ペース(FW陣のプレス)で試合は進むが、繰り返してペナルティをおかして、天理サイドに攻撃権を明け渡してしまう悪い流れ

耐えに耐えて、天理が前半同様に帝京DF陣を引き摺りながらの泥臭い31分トライ(Gx)を右サイドに決めて12-12、10分耐えれば同点で両校優勝となったが、今度は天理が38分自陣ブレイクダウンでペナルティ、帝京が39分PG(ポール直撃)を決め、15-12と逃げ切った

最終的な支配率は64:36、後半残り半分で天理が盛り返したが、終了間際のペナルティがあまりにイタく、両校優勝が逃げていった

近年では決勝は関東勢対決(対抗戦vsリーグ戦or対抗戦同士)が続いていたが、久しぶりに関西勢が決勝で国立の地に立った。帝京は対抗戦で伝統の早慶明を倒して全勝優勝、大学選手権でも準決勝まで相手にノートライと圧倒的な強さではあったが、天理も強かった

思えば天理の"耐えて展開する試合"は早稲田の特色と言えるが、今期に限っては早稲田は完敗、天理が展開ラグビーのお株を奪った

 ◆附記 - ラグビーW杯2019日本開催に向けて
関東対抗戦の早明戦ラグビーが国立のスタンドを埋めたのは過去?
ラグビー人気は低落傾向、伝統校戦でしか人が集まらないじゃダメ

 別記 フジ YOU vs 7 [past 7 days]
昨秋の深夜枠から昇格した生放送型クイズのYOUx7、生放送で直近7日間に起きた事象の中からクイズが出題される。無論、新聞・TVなど様々なメディアが対象で、放送時のCMからも出題される、特殊な形式。結局はフジを含めて媒体をどれだけ見て記憶しているのか

生放送で楽しむためにはCMも見ていなければならず、クイズ全体が番宣方式とも例えられる。それが良いかの判断は楽しめるかどーか

FINAL[○]御秒奈々(大阪大卒)vs[●]麻木久仁子(学習院大中退)
 御秒さんって初見なんだけどプロフィールから関西発系のタレント?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

箱根駅伝 そりゃ東洋が優勝するわなぁ

3日復路往路着順にスタート(10分以降は繰上げ)したが、終始安定した東洋大が復路も制し完全優勝、東洋包囲網は不完全だった

そもそも5区・柏原くんに襷が渡る前に、3分以上の差を付けておくのが、上位校の駒沢大・早稲田などの戦術だったはず… それが、トップで柏原くんに渡って、更に区間新(2位以下に3分の差)の走りをされたんじゃ元も子もない。当然の結果、右から左へ受け流そう

東洋大は安定し強かった。復路も6区~10区で区間賞をとれなかったのは9区のみ、各区間でトップ(9区・2分遅れの6位)と安定感抜群

東洋大(10:51:36)が大会新記録で総合優勝、2位駒沢大(11:00:38)とは9分差、3位明治・4位早稲田までが11時間ちょっと、5位青学(11:08:46)以降はトップと15分以上の差がついた。6位城西・7位順大・8位中央・9位山梨学院・10位国学院、3分差の11位は国士舘

10位国学院(11:08:46)22:06差、11位国士舘(11:16:47)25:11差、シード権争いで数秒差のドラマは生まれなかった(中堅校・実力差有り)

 ◆各区間個人成績(太字 新記録)
1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 9区 10区 総合
 ◆通過順位(タイム積算)
1区 2区 3区 4区 5区(往) 6区 7区 8区 9区 10区(復・総)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

大学ラグビー 帝京vs天理 東西決勝(8日)に

ラグビー大学選手権は2日準決勝2試合が開催され、天理(vs関東学院)と帝京(vs筑波)が勝利 8日決勝に駒を進めた。帝京3連覇か !

天理vs関東学院は、前半5トライ(1G)・後半3トライと猛攻の天理が、前半1トライ(1G)・後半2トライと関東学院の攻撃を抑えて 42-17、関東の対抗戦・リーグ戦の強者を連破しての決勝進出、関西リーグ戦制覇の勢い保持、弱点はそれなりに相手に得点されているという点

法政(39-19)・慶応(32-15)・関東学院(42-17)と、得点力はあるが、反面1/2程度の失点をされているという面が、帝京FWに通用するか

帝京vs筑波は、前半2トライ(2G)・後半2トライ(1G),1PGと小気味よく加点した帝京に対して、筑波は後半1PGのみに抑えられて 29-3、対抗戦(11-0)以上の力の差を見せ付けられた。帝京自慢のFW陣、それを支えるDF陣と、3連覇に向けて死角無しという貫録の勝利か

福岡工(96-6)・同志社(18-12)・筑波(29-3)、帝京の失点は3試合で7PGの21点のみ、トライは許してない。天理をもノートライに抑えるか

母校の早稲田が2回戦敗退した時点で、興味は帝京の3連覇の行方だけとなったが、準決勝の試合を目の当たりにすると、3連覇はほぼ確実だという印象。あとは、天理の攻撃をどれだけ耐え忍んで、トライを与えずに、"圧倒的な3連覇"を成し遂げるかという点に興味津々

また地味だが、準決勝で天理8トライ(1G)に対して帝京4トライ(3G)、プレイスキックの精度も帝京に分があるように数字が物語っている

 天理  7トライ(2G)・4トライ(3G)・8トライ(1G) トライ81PG
 帝京 16トライ(8G)・2トライ(1G)・4トライ(3G) トライ07PG

帝京の弱点はPGを与えやすい(自陣でファール)ことくらい、天理はPGを与えずにトライまで持ち込まれているのか(被PGが少ないため)

 別記 箱根駅伝 東洋"山の神"早し 2位早大
往路5区間(Sponavi)で東洋が往路新で往路優勝、2位早稲田、3位明治。5区(区間タイム)での東洋・柏原くん(1:16:39)区間新の他、明治・大江くん(1:19:34)、早稲田・山本くん(1:19:52)と、上位3校が往路での上位3校と同じなのは、5区のレース展開が往路を左右する点

華の2区は区間賞 青学・出岐くん(1:07:26)以外も68分~70分とあまり差が付かずに実力伯仲、だからこそ5区の重要性がより高くなる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

ラグビー大学選手権2回戦の総括

25日東京・秩父宮,愛知・瑞穂両競技場で、大学選手権の2回戦4試合が開催され、年を越す1月2日・準決勝切符を4チームが手にした

帝京大  18-12  同志社 (秩父宮)   
明治大   9-11  筑波大 (瑞穂)
早稲田  26-28  関東学院 (秩父宮)   
天理大  32-15  慶應大 (瑞穂) 

'12年1/2、第1] 関東学院(関東リーグ3位)vs天理(関西リーグ1位)と、第2] 帝京(関東対抗1位)vs筑波(関東対抗4位)という顔合わせ

帝京は同志社にトライを許さず(4PG)、後半38分のトライで逆転し振切った。自力強し。筑波は同じ関東対抗の明治相手にトライを許さず(3PG)、自慢のFWを封じられ筑波に完敗。天理は慶応より一枚上手だった。トライは4本(4G)-2本(1G)で試合を通じ終始リードする展開

関東学院は4トライ(4G)、早稲田は3トライ(1G)・3PG、2Gの失敗も敗戦の理由だろうが、4本のトライを許すDF力では2回戦敗退も当然だ

関東対抗で激戦をくぐった早慶明が2回戦敗退、早稲田は関東学院に分が悪い気がする。慶応は1回戦でリーグ戦制覇の流通経大を破ったが、関西リーグ覇者の天理が西の意地を見せた。明治は対抗同位の筑波に対抗戦(明治23-17)の借りを返され筑波の勢いを感じる

帝京は対抗戦で11-0と筑波に勝利している、天理が関西一位の意地を見せるか、現時点で決勝戦は天理vs帝京 東西(トップ)対決か?

 別記 テレ東WBSトレたま大賞2011
WBSのトレたま年間大賞2011は、(株)パル・コーポレーションかんたん湯沸かし器に決まりました。投票したのは大ハズレでしたよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

"炎の体育会TV"が熱いねっ

過去スペシャル枠で放送、今秋から月曜19時のレギュラー枠で頑張っているのが、TBS"炎の体育会TV"、どんどんヒートアップしてるっ

女性のトップアスリートと、絶妙なハンデ等で対等程度に争えそうな(ほとんどが経験者の)男性芸人軍との真剣勝負。芸人さんに笑いを取ろうとする隙さえ見当たらないほどに真剣さが増しているのは、元経験者としての意地と負けるのが嫌な勝気な性格ではないでせうか

12日放映(録画視聴)でも、柔道北京五輪メダリスト(キューバ)vs男性芸人3人で、大将(オテンキ・のり)が延長の末に判定勝ちしましたヨ

先鋒つぶやきシローはまたもや秒殺、ずん・やすは強引に一本を取られたけど、柔道三段のオテンキ・のりは、3分1本勝負で有効に値する投げを見せ、その後延長2分ではややスタミナ切れ(32歳だもの)でほぼ互角の勝負、結局主審の判定で現役強化選手を負かしちった

フィンスイミング(14歳天才少女・藤巻)は中学生・藤巻の連勝街道?、プロテニス・森田vs芸人5人は、あと一歩のところから逆転でプロ勝利

テニスにしても、芸人側にはテニスインストラクター経験者(西野)や、(元祖?チャラ男芸人)などの有力な"元"プレーヤーの活躍もあり、0-40まで持ち込みながら、本気になった森田(日本女子ランク1位)に追い付かれ、デュースの末、バックハンドから圧巻スマッシュで敗北

天才少女(フィン・藤巻)や美女ハードラー(城下)と代名詞を付けたがるTBS()だが 芸人との真剣勝負は競技の面白さを実感させてくれる

 別記 巨人&読売新聞と清武氏の泥試合
元球団代表・清武氏の内部告発から、名誉を傷つけたとして訴えた巨人&読売新聞。今度は返り討ち(名誉棄損等)で逆告訴とは痛々し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

第48回ラグビー大学選手権 組合せ決まる

48th_rugby5日に組合せ抽選[トーナメント表]の 第48回
全国大学ラグビーフットボール選手権大会
  10年12月18日(日)~11年1月8日(日)開催
左は(ラグビー協会Site)複写(上記リンクと同)

大学選手権出場校は12月10・11日第5代表(関西リーグ・関東リーグ)の結果で全16校 決定する(早明戦終了時点出場予定校-協会-)

試合は12月第3・4と1月2日・第2日曜に各地で開催され 25日の2回戦でベスト4が決まります。つまり年越し出来る大学は4校のみです。早稲田は対抗戦(2位扱い)の借りを返せるか?年内1・2回戦の予想雑感を私的感情をガチ入れ込んで、記載します(Top4予想は早い?)

我が母校 早稲田のブロック、関東学院も強いけどモチ早稲田。もう一方は天理or流通経済の接戦で流経が勝ち抜き、早流戦 準決勝

次に明治or東海の接戦で明治が勝ち抜き、残りのブロックは、帝京・同志社の東西リーグ全勝と2位の対決だが、明治と帝京の準決勝

と、ベスト4を予想してみたけど、中途半端で我慢出来ないしぃ…

鬼に笑われるつもりで敢えて予想、新年2日 国立・準決勝では、第1試合で早稲田が流通経大に、第2試合で帝京が明治に、共に接戦で(自粛) そして8日、国立での決勝は○○vs□□ のガチンコ勝負と予想していますが、これについても、年末までの楽しみに取っとこ

 ◆参考までに抽選方式(協会リンク)の雑感
関東対抗戦Aグループ、関東リーグ戦1部、関西Aリーグの各グループ上位校をルールに基づき、トーナメント表8枠に分け、残りを抽選

第1枠:前年優勝G1位、第2枠:関東対抗orリーグ戦1位、第3枠:1枠G2位、第4枠:2枠G2位、第5枠:1枠G3位、第6枠:2枠G3位、第7枠:1・2枠以外の1位(九州リーグ除く)、第8枠:7枠G2位。1回戦同一リーグ対戦は回避優先。回避出来ない場合は他リーグ同一順位と入替え

8枠のトーナメント表での位置関係は協会リンクで確認して下さい。試合会場は主催者が決定するということですね(さじ加減みたい…)

1回戦は秩父宮/熊谷/瑞穂/近鉄花園/レベスタ、2回戦は秩父宮/瑞穂、準決勝・決勝は国立競技場。レベスタアビスパ福岡拠点。早稲田は、18日瑞穂⇒25日秩父宮⇒1/2・8 国立競技場と、移動距離も少なくまずまず恵まれた会場、帝京の大学選手権3連覇を阻止 !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

早明ラグビー 大学選手権に向け前途多難?

日国立競技場 関東大学対抗戦最終日早稲田vs明治が開催され シーソーゲームの末18-16(前半3-13)で早稲田が接戦をモノにした

(早稲田目線)前半から攻めながら、ブレイクダウン状態でのファールが多く、敵陣では明治ボールのスクラム、自陣ではPGの機会を与えてしまった。5分PG(3点)で先制するも、その後は9分26分PG(3・3点)、32分には試合初のT&G(5・2点)で不穏な空気が流れ始め

後半も立上り早々は明治の勢いを肌で感じ、一方的なゲームにならないでぇって感じで目を覆いたくなったが、その後嘘みたいな展開に

後半3分、自陣・相手ファールから速攻PK⇒左サイドへ流すキラーパスが通り左を駆け抜け電光石火・追撃のT&G(5・2点)、25分には左サイドから右方向へ展開、球出しもスムーズでラストパス、タックルを受けながら体を反転させてT&Gx(5点)、G失敗が大きな意味を持つ

25分トライの段階で15-13(PG3点で逆転)、ゴール成功なら17-13 (PGでは届かずトライが必要)だが、早稲田は2点差を残してしまった

後半沈黙していた明治だが、ブレイクダウンでの攻防は早稲田より秀でていた。早稲田陣内でのファールから30分PG(3点)を決め、15-16と逆転。その後、トライを狙い続けた早稲田の押しに、たまらず明治がファール、ロスタイム40分PG(3点)を返して再逆転を達成した

プレイスキック(明治4-4,早稲田4-3)の妙で、思わぬシーソーゲームとなった。大学選手権では、泥臭~くPG&G(3・2点)を加点して欲しい

 追記 対抗戦順位決定
対抗戦 帝京が7勝制覇、早明筑波3校が5勝2敗で2位[大学選手権出場の順位付けで総得失点差により、2位早稲田(+293)・3位明治(+165)・4位筑波(+135)の扱いとなる]、5位慶応(4勝3敗)、リーグ戦 新興勢力・1位流通経大・2位東海・3位関東学院・4位大東文化 面々

上記(星取表リンク)を参考に、大学選手権の組合せが決まったら予想を立ててみたい。今年も東高西低の選手権になる?風穴が開く?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

日本シリーズ 終了 満足できましたか?

中日vs福岡(中部・九州)の闘いとなったコナミ日本シリーズ2011、結局第7戦までもつれ込み、福岡ソフトバンクホークスが制覇です!

2011年度コナミ日本シリーズ 試合結果一覧(NPB.or.jp)
2011_nihonseries
7戦でソフトバンクが17得点、ドラゴンズが9得点(2完封負け含む)、また、1点差4試合(全て2-1or1-2)・2点差1試合・3点差1試合と、第5戦の5-0(福岡勝利)を除けば、非常に均衡したゲーム運びで、純粋な"プロ野球ファン"(表現が変?)はもしかしたら満足したことでしょう

但し、毎日ロースコアなのに、22時前後までダラダラ引っ張るのは(投手の継投勝負とはいえ)、いささか辟易とした感が否めません…

7戦の得点を並べてみると、ドラゴンズは打てないシリーズでした
 ◆福岡SH : 1・1・425・1・3 (1,2,6,7戦ホーム試合)
 ◆中日DG : 22・2・1・0・2・0 (3-5戦ホームで全敗)
(単純に)裏を返せばソフトバンクが3点以上取れば勝てる試合運び

投手戦と言ってしまえば見栄えは良いですが、貧打戦とも言えます。また、本来の投手戦なら3時間も掛からないはず、継投策が元凶?

ペナントレースとは違い、一戦の重みがデカいとしても、息をのむ投手戦なら、21時頃にはシャンシャンと終わって欲しかった。この辺が、時間の読めない野球のテレビ中継視聴率が伸び悩む一つの要因だと思いますが、それはサッカーファンのいい加減な思い違いかな

取り敢えず、テレビ欄がぐちゃぐちゃになる日本シリーズは大団円、後はフジで男子バレーが散っていく日々が過ぎ去るのを待つのみ

期待:先発が気の引き締まる投球で完投or8回迄、抑えでピシャリてな、理想(絵に描いた餅?)のような試合ならTV中継も観る気がする。その意味で、日ハム・ダルや楽天・田中投手が投げる試合のように、息の詰まりそうな圧巻の投球・奪三振ショーを見せ付けて欲しかった

戯言:クライマックスシリーズなる妙~なモノで苦しんだ福岡が脱却
 2位以下を大きく引き離しながら短期決戦で苦杯を舐めた数年間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

29日に起きた事って? ハンマーは飛んだネ

29日民主党代表選にメディアの注目が集まった(国民の注目は無い)。決戦投票の結果、野田氏(215票)代表選出(海江田177票)

5人の立候補で票が割れ、1回目で過半数を超えず。投票総数395票(党所属議員398人)に対し、海江田氏143票・野田氏102票・前原氏74票・鹿野氏52票・馬淵氏24票。衆参両院議長他3人が欠席。1回目の投票では、海江田氏を推す"小沢"力が奏功したらしい感じ

民主新代表に野田氏 決選投票で海江田氏を逆転@朝日
民主新代表に野田氏 決選投票で海江田氏を破る@読売

1回目の投票で選出ライン(過半数)に届かず、上位2名(海江田・野田氏)の決戦投票、野田氏215海江田氏177、海江田氏は、1回目落選者への投票数150票に対して34票しか上積み出来ず。一方で113票を上積みした野田氏が過半数を獲得し代表選出された

"小沢"アレルギーが海江田氏選出を阻んだと見える(決戦投票 有効票392・棄権3・無効3)、良くも悪くも"小沢"氏の思惑の影響が大

早大卒、松下政経塾1期生('85卒)、誰かの後継者(地盤・看板)という訳でも無い苦労人なので、頑張って欲しい思いは僅かながらある。入閣するまで街頭演説を欠かさなかった辻説法の地道な努力も評価する。だが復興財源における増税論者の一人(匹)"どぜう"

極限まで無駄を省いて財政を立て直すとしたマニュフェストはもはや遠い昔のことになってしまったかもしれない…1年政権が不安ぅ

2011世界陸上大邱大会において、ハンマー投げ室伏広治(36)選手が世陸で初金メダル、五輪・世陸 両方で金メダルは日本初の快挙
室伏が金メダル獲得!=世界陸上ハンマー投げ@sportsnavi
室伏金メダル 五輪に続き世界陸上もV@sportsnavi

男子ハンマー投げ決勝(sponavi詳細)3投目までに81.24mでトップ8首位。残り3投も安定の投てき 80m大台3投(室伏他4投)圧巻優勝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧